大学生のシズカツさん~静岡就職活動研究サークル~


トップページOB・OG インタビューvol.04

vol.04

大変だったけども、楽しめた半年間

小林祐介(こば)

出 身 大 学 : 静岡県立大学 経営情報学部 経営情報学科 2016年卒予定
卒業後進路 : 人材系 営業職 2016年入社予定

2016/02/25

Q1静岡の会社を選んだ理由は?(他県は活動したか?)

私は、ほとんど静岡だけで就職活動をしていました。理由は東京に行く理由があまり感じられなかったからです。学生時代から静岡で多くの社会人の方と交流がありとても尊敬できる方ばかりでしたし、自分のやっていることも応援してくださいました。周りにそんな環境があるのに静岡を離れる理由が見つからなかったからです。

Q2就活はいつ始めましたか?

12月頃ですかね。最初はとりあえず就職情報サイトに登録しました。それからグループディスカッション対策講座に行ったのを覚えています。グループディスカッションが何かもわからず、同い年の人にディスカッション中にため口でしゃべってしまい、模擬面接官に怒られたのを覚えています(笑)

Q3就活で最も労力を使った活動は何ですか?

エントリーシートです。とにかくなぜ手書きでなくてはならないのか?とずっと思っていました。ただそれを書くにあたって、自分の事を見直す機会になったので良かったかなと思います。面接などは、自分の思ったことを率直に伝えればいいと思っていたので、あまり大変ではありませんでした。

Q4満足のいく就活でしたか?

満足いっています。最初は何をしたいのか全然わからなかったのですが、就職活動を経験し、自分を見つめ、何をしたいのかずっと考え続けたことが良かったかなって感じました。今まで生きてきて、自分を見つめることをあまりしたことがなかったので。その中で希望していた企業に入れたことにも満足しています。

Q5これだけは伝えたいこと

楽しめるポイントを早く見つけることです。就職活動は大変なこともたくさんあります。そのなかで面接官と話すこと、自分を知れること、新しい人の出会いなどいろいろ自分が楽しいと思えるポイントが見つかるかと思います。大変なことにだけ目を向けず、自分がなに楽しめているのかを考えてみるのもいいかと思います。